尿路結石の予防と尿路結石の再発防止に役立つ知識



尿路結石の予防方法と、尿路結石の再発防止に役立つ知識や医療情報を以下にまとめてみました。


【尿路結石とは?】


尿路結石とは、尿路に何かしらの原因によて、結石(石のような硬いかたまり)ができてしまう病気です。尿路結石の漢字の読み方は、「にょうろけっせき」です。なお、「尿路結石」の正しい病名は、「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」です。尿路結石は男性に多い病気で、年々増加傾向にあります。現在は、男性10人のうち、1人は、尿路結石になってしまうそうです。


尿路結石により、できてしまう結石のほとんどは、腎臓で形成されます。そして、結石のできてしまう場所は、腎臓や尿管、尿路、尿道、膀胱など、いくつかあります。診察時に、腎臓で結石が発見されたら、「腎結石」と呼ばれ、尿管で結石が発見されたら、「尿管結石」と呼ばれ、尿路で結石が発見されたら、「尿路結石」と呼ばれ、膀胱で結石が発見されたら、「膀胱結石」と呼ばれ、尿道で結石が発見されたら、「尿道結石」と呼ばれます。統計上、尿路結石患者のほとんどは、「腎結石」か「尿路結石」です。


【尿路結石の症状】


尿路結石の症状としては、以下のようなものがあります。

  • 脇腹や下腹部に激しい痛みを感じる。
  • おしっこをするときに激しい痛みを感じる。
  • 血尿が出る。
  • うまく排尿できない。
  • 頻尿。
  • 残尿感がある。
  • 痛みにより、冷汗や脂汗がでる。
  • 痛みにより、吐き気を催す。

尿路結石の痛みはしばらくすると治りますが、尿路結石が進行していると、痛みは数時間続きます。また、その痛みは数分毎に強弱の波が襲ってきます。


血尿が出る原因としては、結石によって、尿路内が傷ついていると考えられます。頻尿や残尿感を感じる原因としては、膀胱内にある結石が影響を与えていると考えられます。


尿路結石ができているのに、痛みを感じない場合があります。これは、サイレントストーン(静かなる石、沈黙の石)などと呼ばれています。


【尿路結石をほおっておくのは危険】


尿路結石を治療せずにほおっておくと、腎盂腎炎や合併症を引き起こし、腎臓が機能しなくなってしまいます。腎臓が機能しなくなってしまうと、人工透析(血液透析療法)などを受けなくてはならなくなります。尿路結石をほおっておくのは危険です。尿路結石の症状がみられたら、泌尿器科に行き、診察を受けてください。


【尿路結石の原因】


尿路結石になってしまうのは、水分の補給不足(脱水症状)や食事内容の偏り、食事摂取時のカロリー過多、生活習慣などが主な原因と考えられています。その他の原因としては、尿路感染症や高カルシウム血症、尿路通過障害、尿酸の代謝異常、遺伝による異常、体質などが考えられます。


考えられるさまざまな要因

  • 水分の補給不足(脱水)
  • 食事内容の偏り
  • 食事摂取時のカロリー過多
  • 生活習慣
  • 尿路感染症
  • 高カルシウム血症
  • 尿路通過障害
  • 尿酸の代謝異常
  • 遺伝による異常
  • 体質

【尿路結石の痛みの原因】


尿路結石の痛みは凄まじいものがあります。痛みで転げまわったり、起き上がれないほどの痛みです。発作性の激しい痛みで、「疝痛(せんつう)」などとも呼ばれています。


では、尿路結石の激しい痛みの原因は何なのでしょうか? ── 尿路結石の激しい痛みの原因は、形成された結石により、尿の流れを阻害され、尿が腎臓に逆流し、腎臓内に尿が溜まるからです。本来は膀胱へ流れるべき尿が、腎臓内に溜まってしまうのです。腎臓内に尿が溜まると、腎盂(じんう)の内圧が急激に高まり、激しい痛みを感じるのです。





【尿路結石の種類】


尿路結石には、結石の成分が異なるいくつかの種類があります。それは、以下の種類です。

  • シュウ酸カルシウム
  • リン酸カルシウム
  • リン酸マグネシウムアンモニウム
  • シスチン
  • 尿酸
尿路結石の種類について
「シュウ酸カルシウム」による結石 シュウ酸カルシウムが主成分となって、結石になったものです。
尿路結石の中では、このタイプの結石が多いです。
結石の表面の形状はギザギザしていて、小さな結石でも、
尿管からなかなか排出されにくいです。
形状のイメージとしては、金平糖みたいな感じです。
「リン酸カルシウム」による結石 この結石は、尿がアルカリ性になっている場合にできやすいタイプの結石です。
ほとんどが、シュウ酸カルシウムと共存している場合が多いです。
「リン酸マグネシウムアンモニウム」による結石 尿路感染などにより、尿中の成分が沈殿してできるタイプの結石です。
結石の形状はサンゴ状なのが特徴です。このタイプの結石は、女性に多いです。
「シスチン」による結石 この結石は、アミノ酸の先天的な代謝の異常によりできます。
尿中のアミノ酸のシスチンが沈殿してできるタイプの結石です。
シスチンで形成されて結石は他の結石と比べて硬いため、
体外衝撃波などによる治療で結石を壊し難いです。
「尿酸」による結石 この結石は、尿が酸性になっている場合にできやすいタイプの結石です。
尿酸による結石は、高尿酸血症や痛風、高尿酸尿症の人などがかかり易いです。

【尿路結石の予防方法と再発防止方法】


尿路結石の予防方法と尿路結石の再発防止方法について、以下のようなものがあります。

  • 水分をたっぷり補給する。(水分を1日2リットル以上を目安に飲む。)
  • 適度な運動を行う。
  • バランスの良い食事を心がける。
  • 規則正しく食事を摂る。
  • 寝る前には食べない。
  • 塩分を控える。
  • 糖分を控える。
  • 動物性タンパク質の食事を控える。
  • お酒を控える。
  • クエン酸の多い食品を摂取する。
  • ビタミンCは過剰に摂取しない。
  • 定期検診を受ける。

尿路結石の予防としていちばん効果が期待できるのは、やはり食生活の改善です。尿路結石は、治療で治っても再発しやすい病気です。尿路結石が再発する割合は、10年以内に約50%と非常に高いです。普段から、意識して尿路結石を予防を行いましょう。


以下、上記の箇条書きした項目について、少し補足の説明していきます。


水分をたっぷり補給する。

尿中のミネラルの濃度が上がると、結石などが形成されてしまいます。水分をたっぷり補給することで、尿中のミネラルの濃度を低くすることができます。そのため、水分の摂取は非常に大事です。目安としては、1日に2リットル以上飲みましょう。


水分をたっぷり補給すると言っても、お酒などで水分を補給するのは良くありません。ビールなどは、シュウ酸や尿酸の元であるプリン体などが多く含まれていますので注意しましょう。コーヒーの摂りすぎも良くありません。


また、ジュース(清涼飲料水や甘味飲料水)などは、糖分が高いです。またリン酸なども含まれています。糖分は、尿中のミネラルの濃度を上げてしまいますので、こちらも注意しましょう。


補給する水分の種類としは、水や麦茶、ほうじ茶が良いと言われています。


適度な運動を行う。

運動不足だと、骨のカルシウムが尿に溶け出し、尿結石になりやすいと言われています。


寝る前には食べない。

食事をしてから、2~4時間は、尿中の結石を形成する物質(カルシウムやシュウ酸や尿酸など)の濃度が高まります。このため、寝る前に食べるのは良くありません。できれば、食事から寝るまでは、約4時間以上程度はあけた方が良いです。


塩分を控える。

塩分を過剰摂取すると、血圧が上がったり、高血圧になり、尿中のカルシウム排泄が増加してしまうため良くありません。


糖分を控える。

糖分を過剰摂取すると、尿中のカルシウム排泄が増加してしまうため良くありません。


動物性タンパク質の食事を控える。

動物性タンパク質を摂り過ぎると、尿中のカルシウム排泄量を増やさなくてはならず、結石が形成されやすくなります。また、牛肉やレバーなどは、尿酸の元であるプリン体などが多く含まれています。このため、動物性タンパク質を摂り過ぎると尿酸結石になりやすいと言われています。


クエン酸の多い食品を摂取する。

クエン酸は、尿中でカルシウムと結合し、排泄されやすくなります。このため、結石の形成を予防する効果があります。クエン酸の成分が多い食べ物は、柑橘系(みかんやレモンなど)の食べ物です。


定期検診を受ける。

どんな病気も早期発見、早期治療が効果的です。また、再発防止のためにも、定期的に検診を受けましょう。検査の種類は、以下のようなものがあります。

  • 尿検査
  • 超音波検査
  • 腎膀胱部X線単純撮影
  • 排泄性尿路造影
シュウ酸が多く含まれている食品(なるべく控えましょう!)
ほうれん草、たけのこ、紅茶、チョコレート

尿酸の元であるプリン体が多く含まれている食品(なるべく控えましょう!)
ビールなどのアルコール類、レバー(鳥、豚、牛)、かつおぶし、かつお、にぼし、干しシイタケ、マイワシの干物、マイワシ、マアジの干物、サンマの干物、イサキ白子、大正エビ

【尿路結石の治療について】


尿路結石は、進行状態により、治療方法が異なります。急性の痛みの場合は、痛み止めの薬などを使います。


結石の大きさが、約0.5cm以下の場合は、痛み止めの薬や、たっぷりの水分の補給により、自然な排石を待つ治療を行います。


結石が大きい場合は、自然な排石は無理なので、体外衝撃波により、結石を砕く治療方法や手術を行います。










 | sitemap

サイト内関連記事一覧(関連があると思われる記事を自動抽出しています。)
    None Found

カテゴリー:「 泌尿器科の病気の予防と再発予防に関する情報 」の最新記事一覧(最新5件を表示)

サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について