iPS細胞とES細胞の違いについてまとめ



iPS細胞ES細胞は、どちらも、「万能細胞」と呼ばれています。「万能細胞」とは、どのような身体の組織や臓器の細胞にも分化することができる、まさに万能な機能を持った細胞のことです。万能細胞は、人間の身体のどんな組織や臓器にもなれるため、例えば、身体の組織や臓器が病気や事故などで失ってしまっても、万能細胞を使い、新に組織や臓器を作り、それを利用して治療することが期待されています。「万能細胞」は、今、再生医療への応用として、もっとも期待されている素晴らしい医療技術と言っていいでしょう。


では、ともに万能細胞と呼ばれている、iPS細胞とES細胞の違いは何なんでしょうか? このページでは、iPS細胞とES細胞の違いについて分かり易く説明していきます。


【iPS細胞とは?】


iPS細胞は、「人工多能性幹細胞」(Induced Pluripotent Stem Cell)のことです。iPS細胞の場合、人の受精卵を使用するES細胞とは異なり、自分の皮膚などの細胞を利用できるため、倫理的な問題はクリアしているという意見が多いです。また、iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、自分自身の細胞を利用するため、拒絶反応が起こりにくいと言う特徴があります。


【ES細胞とは?】


ES細胞は、「胚性幹細胞」(Embryonic Stem Cell)のことです。ES細胞の場合、人の受精卵(胚)を使用するため、倫理上の問題がつきまといます。受精卵は、赤ちゃんの誕生(命の誕生)の元であるため、その受精卵を使用するのは倫理上、問題があるのでは?…という意見が多いためです。それと、ES細胞(胚性幹細胞)は、拒絶反応が起こる可能性がある細胞でもあります。


【iPS細胞がかかえている問題点】


iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、倫理上の問題をクリアしているという意見は多いものの、iPS細胞から、理論上、精子や卵子も作れるため、その際は、新たな倫理上の問題が生まれると考えられます。また、現在の医療技術では、iPS細胞が癌化してしまう問題も残っています。これは、iPS細胞作成時に癌を誘導する遺伝子を組み込むために起こる問題です。(2012年現在) しかし、iPS細胞が癌化されない性質を持たせる研究も日々進んでおり、この問題は着実に解決に向かっています。


【ES細胞がかかえている問題点】


ES細胞(胚性幹細胞)は、人の受精卵(胚)を使用するため、どうしても、倫理的な問題が発生してしまいます。受精卵(胚)は、胎内にあり、受精すれば、生命が生まれる訳ですから、それを壊して利用したり、操作を加えたりするのは、倫理的に絶対に許されるべきでないと言う意見があります。





以下、iPS細胞とES細胞の違いを表にまとめてみました。


iPS細胞とES細胞の違いまとめ
名称特徴問題点
iPS細胞
(人工多能性幹細胞)
自分のどのような細胞からも作成可能。
例えば、皮膚や髪の毛などを利用。
・iPS細胞が癌化してしまう場合がある。
・自分の細胞のため、拒絶反応は起きにくい。
・iPS細胞で、精子や卵子を作る場合は、
 倫理的な問題が発生する。
ES細胞
(胚性幹細胞)
人の受精卵(胚)から作成する。
・拒絶反応が起きる場合がある。
・人の受精卵(胚)を使用するため、
 倫理的な問題が発生する。

【iPS細胞の「i」が小文字の理由】


iPS細胞の「i」が小文字の理由ですが、iPS細胞を初めて作った「山中伸弥」氏が、当時、流行し、普及していた米アップル社の「iPod」と言う名称の携帯音楽プレーヤーのように、iPS細胞も同じように普及して欲しいと言う願いを込めて命名されました。










前の記事はありません次の記事はありませんsitemap
サイト内関連記事一覧(関連があると思われる記事を自動抽出しています。)
    None Found

カテゴリー:「 医学・医療・健康に関する豆知識 」の最新記事一覧(最新5件を表示)

サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について