肺がん予防と肺がんの再発防止に役立つ知識



肺がんの予防方法と、肺がんの再発防止に役立つ知識や医療情報を以下にまとめてみました。


【肺がんとは?】


肺と言うのは、気管支から肺胞の部分のことを差し、肺がんは、この部分(肺)に発生してしまった悪性腫瘍(癌)です。


【肺がんの主な原因】


肺がんの発生にもっとも密接に関係していると分かっているものは、タバコの喫煙です。肺がん患者のほとんどがタバコの喫煙者であることから、タバコの喫煙が大きく関係していることはあきらかだからです。また、タバコを吸わない人でも、周りにタバコを喫煙している人がいると、受動喫煙により、肺がん発生のリスクが高まります。アスベストやクロム、コールタール、シリカ、…などの化学物質を扱っている職業の人も肺がん発生率が高いため、これらの化学物質も肺がんを発生させる原因の一つと考えられています。


【肺がんのリスク要因】


肺がんのリスク要因…いわゆる危険因子と言われているものは、以下のものです。自分に当てはまっている項目が多いほど、肺がんリスクが高いと言えます。

  • タバコの喫煙者である。
  • ヘビースモーカーである。
  • 化学物質を扱う仕事をしている。または、過去にしていた。
  • 親類に肺がんになった人がいる。
  • ストレスに弱い方である。
  • 年齢が40歳以上である。

【肺がんが生存率が低い理由】


癌の中でも、肺がんは生存率が低い癌です。なぜ、肺がんは生存率が低いのか? ── それは、早期で発見しづらい癌だからです。早期発見の場合は、現在の医療技術で完治させることができますが、肺がんは、発見が遅れる場合が多く、そのために効果的な治療ができないことが多いのです。また、特徴として、他の臓器にも、がん細胞が転移しやすいことが挙げられます。


【肺がんは大きく2つに分けられる】


肺がんと言っても、大きく2種類のタイプ(組織分類)の肺がんに分けれます。それは、「小細胞がん」と「非小細胞がん」の2つです。

  • 小細胞がん
  • 非小細胞がん

「非細胞がん」は、さらに細かく、「腺がん」、「大細胞がん」、「扁平上皮がん」、「腺扁平上皮がん」に分けれます。肺がん患者の統計を見ると、「腺がん」の患者がもっとも多く、男性では約4割、女性では、約7割が線がんとなっています。


肺がんのタイプ
小細胞がん 小細胞がんは、進行が早く、がん細胞が転移しやすいのが特徴です。
小細胞がんは、性別でみると、男性に多い傾向があります。
肺がん患者の割合でみると、小細胞がん患者は、約10%~20%です。
非細胞がん 腺がん
腺がんは、肺がんのタイプの中でもっとも多いタイプの肺がんです。
腺がんは、肺野部(肺の周辺部分)に多くみられます。

大細胞がん
大細胞がんは、非細胞がんの中でも、進行の早い癌です。
大細胞がんは、発生率自体は低いです。

扁平上皮がん
気管支の扁平上皮の部分に発生する癌です。
主に肺門部(肺の中央部分)や肺野部(肺の周辺部分)に発生しやすいです。

腺扁平上皮がん
腺扁平上皮がんは、腺がんと扁平上皮がんの混合型の癌です。


【原発性肺がんと転移性肺がん】


肺がんのタイプは前述で、「小細胞がん」と「非小細胞がん」の2タイプに分けられますと説明しましたが、その他にも、「原発性肺がん」と「転移性肺がん」にも分けられます。肺の細胞から発生してしまった肺がんは、「原発性肺がん」と呼び、肺ではない他の臓器で乳がんや子宮がんや大腸がんなどが発生し、肺に転移してしまったものを、「転移性肺がん」と呼んでいます。


原発性肺がんと転移性肺がん
原発性肺がん 原発性肺がんは、肺の細胞から発生してしまった肺がんのことです。
転移性肺がん 転移性肺がんは、肺ではない他の臓器で癌が発生し、
肺に転移してしまった肺がんのことです。





【肺がんの予防方法と再発防止方法】


肺がんの予防方法と肺がんの再発防止方法について、以下にまとめてみました。

  • タバコを吸わない。受動喫煙も避ける。
  • バランスの取れた食事を心がける。
  • 睡眠を十分とる。
  • 規則正しい生活をする。
  • 趣味などで、ストレスを適度に発散する。
  • 適度に運動を行う。

喫煙者の場合、肺がん予防や再発予防でもっとも効果があるのは禁煙です。タバコはなかなかやめられないと言う人がいますが、真剣に自分の命のことを考えるならば、タバコは必ずやめられるはずです。


【肺がん治療に役立つサイト】


肺がん治療に役立つ情報を紹介しているサイトの記事リンクを紹介します。どの記事も肺がんの治療や知識に役立つものばかりですので、おすすめです。肺がん治療の名医に関する情報も役立ちます。病院選びにしても、名医と呼ばれている優秀な医師のいる病院で治療を受ければ、それだけでも肺がん治療後の治癒率も高くなるはずです。


肺がん治療に役立つサイト:

肺癌 治る?
肺がん手術の名医と肺がん治療で評判のいい病院
肺がん手術や肺がん治療の名医がいる病院一覧 その1
肺がん手術や肺がん治療の名医がいる病院一覧 その2
肺がん手術や肺がん治療の名医がいる病院一覧 その3
肺がん手術や肺がん治療の名医がいる病院一覧 その4
肺がん手術や治療 東京都内で評判の良い病院を調べてみました。
肺がん手術や治療 大阪府内で評判の良い病院を調べてみました。
肺がん手術や治療 神奈川県内で評判の良い病院を調べてみました。
肺がん手術や治療 埼玉県内で評判の良い病院を調べてみました。
肺がん手術や治療 愛知県内で評判の良い病院を調べてみました。
知っておきたい「肺癌(はいがん)」の危険因子と予防方法
肺癌(はいがん)の治療費用や手術費用の相場

【セカンドオピニオンを利用しよう!】


「セカンドオピニオン」と言う言葉を聞いたことがありますか? ── セカンドオピニオンとは、第三者的立場の医師や医療機関から、自分の治療方法や治療方針について別の意見を聞くというものです。分かり易く言うならば、「他のお医者さんにも意見を聞いてみる。」です。現在の主治医にセカンドオピニオンを受けたいと伝えれば、自分のこれまでに診察した資料なども貸し出してくれます。現在は、癌の治療を受ける方は、セカンドオピニオンを行う事は当たり前になりつつありますので、主治医に遠慮せずにセカンドオピニオンを行いましょう。セカンドオピニオンのメリットとしては、セカンドオピニオンによって、誤診が発見されるケースがあったり、治療に関する疑問などが解消されたり、減ることです。また、治療の種類もさまざまなので、セカンドオピニオンで意見を聞き、自分が納得し、最善だと思える治療方法を選ぶことができます。


[セカンドオピニオンのメリット]

  • 誤診が発見できる場合がある。
  • 治療に関する疑問などが解消されたり、減る。
  • 自分が納得し、最善だと思える治療方法を選ぶことができる。










 | sitemap

サイト内関連記事一覧(関連があると思われる記事を自動抽出しています。)
    None Found

カテゴリー:「 がん予防と再発予防に関する情報 」の最新記事一覧(最新5件を表示)

サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について