がんの治療費について分かり易く説明します!



(がん)になってしまった場合に真っ先に悩む問題として、「がんを治すためにはどの位のお金が必要なのか?」、「がんの治療費の金額は?」、「がんの医療費の金額は?」、「がんの手術費の金額は?」…などが挙げられます。これらの悩みを解消できるように、がんの治療費(医療費)についての知識や情報を以下に分かり易くまとめてみました。


【がんの治療にかかるお金には2タイプあります】


がんの治療にかかる治療費にはどのようなものがあるのでしょうか? … 支払うお金のタイプを大まかに2つに分けると、「治療に直接かかるお金」と「治療に直接かかってこないお金」に分かられます。がんの治療に直接かかるお金には、以下のようなものがあります。


がん治療に直接かかるお金

  • 検査代(検査にかかる費用です。検査の種類としては、CT検査、レントゲン検査、血液検査、生検、エコー検査、…などがあります。)
  • 薬代(病院から薬を出してもらうとかかる費用です。薬の処方代金。)
  • 点滴代(点滴を受けるとかかる費用です。。抗がん剤治療中や入院中は点滴を受けることが多いです。)
  • 入院費(入院するとかかる費用です。)
  • 手術費(手術を行う場合の費用です。)

上記が、がんの治療で直接かかってくるお金です。がんの治療に直接かかってこないお金としては、以下のようなものが挙げられます。


がん治療に直接かかってこないお金

  • 入院時に必要な物の代金(歯磨きセット、髭剃り、スリッパ、着替え、コップ、タオルなどの日用品やパジャマなどの寝衣にかかるお金です。)
  • 診断書や証明書の発行代(保険会社に提出するために病院から発行してもらう場合の料金。)
  • 差額ベッド代(病院で個室を利用する場合にかかる料金。利用しない場合は必要ありません。)
  • 通院代(病院まで通院するための交通費や車のガソリン代です。)
  • 家族や親類などが面会しに来るためにかかる交通費や車のガソリン代(回数が多いとそれなりにお金がかかってしまいます。)

がん治療に直接かかるお金と直接かからないお金を合計すると、思いのほか、お金がかかることが分かります。がん保険などに加入していた場合だと、これらの医療費の負担がもの凄く軽くなります。やはり、がん保険などは、健康な内に加入しておくべきでしょう。


【医療保険が使える治療と使えない治療があります】


がんの医療費(治療費や手術費など)は、他の病気のときと同様に医療保険(保険診療)が使え、医療費の負担が軽減されます。病院で診察を受けたり、検査を受けたり、手術を受けたり、薬を処方してもらったりしたときなどで保険が適用されます。医療保険とは、国民健康保険(国保)や社会保険(社保)などと呼ばれている保険のことです。主な医療保険の種類には、以下のようなものがあります。


主な医療保険の種類
保険の種類保険者
国民健康保険 市町村や国保組合
共済組合 共済組合
船員保険 社会保険庁
全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ) 全国健康保険協会
組合管掌健康保険 健康保険組合
後期高齢者医療制度(長寿医療制度) 広域連合

医療保険に加入していて、保険が適用される治療を受けた場合、支払い額(自己負担額)は、実際の額の数割程度で済むため、医療費の負担はグッと減りますが、保険が適用されない治療の種類や薬などがあります。具体的にどのような治療が保険の適用できないと言うと、日本国内では承認されてない薬(ほとんどが新薬)を使用する場合です。あと、先進医療(最新の先進医療技術の治療)を受ける場合も保険は適用されません。ただし、臨床試験(治験)などは、一部の治療費を医療メーカーや医薬品メーカーなどが負担してくれる場合があるみたいです。臨床試験(治験)について興味のある方は、以下のリンク先の記事などが参考になります。


臨床試験(治験)に関する参考サイト:

癌の新薬や最新治療の臨床試験(治験)を受けるにはどうしたら良いのか?

また、顔面を手術し、眼球などを摘出した場合のエピテーゼ治療や、乳がんで乳房全摘出手術をし、人工の乳房(人工乳房)を使用する乳房再建などを行う場合も保険が適用されません。実際にがん治療を行う際は、病院で担当医師に保険が適用される治療や薬と、保険が適用されない治療や薬について、きちんと確認を取った方が良いでしょう。聞かないと教えてくれない医師もいますので…。





【治療費や手術費の支払いが難しい場合】


がんの治療費が高く、支払いが難しい場合などは、病院によっては、分割払いが出来るみたいです。治療費の分割払いについては、以下のリンク先の記事などが参考になります。


治療費や手術費の分割払いに関する参考サイト:

治療費や手術費の支払いにローンは組めるのか?(ローンを使えるのか?)

また、治療費や手術費の支払自体が難しい場合も大丈夫な場合があります。がん保険に加入していなかった場合、急に高額な治療費や手術費を用意するのは困難な場合がほとんどです。治療費や手術費の支払自体が難しい場合などは、利用できる医療費の補助制度や相談先などは絶対に利用しましょう。治療費や手術費の支払については、以下のリンク先の記事などがとても参考になります。


治療費や手術費の支払に関する参考サイト:

癌の治療費や手術費が用意できない場合(お金がない場合)はどうすればいいのか?
治療費や手術費の支払いで生活が苦しい場合、生活保護は受けられるのか?










 | sitemap

サイト内関連記事一覧(関連があると思われる記事を自動抽出しています。)
    None Found

カテゴリー:「 医療費・治療費・手術費に関する情報 」の最新記事一覧(最新5件を表示)

サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について