胃がん予防と胃がんの再発防止に役立つ知識



胃がんの予防方法と、胃がんの再発防止に役立つ知識や医療情報を以下にまとめてみました。


【胃がんとは?】


胃がんは、胃の粘膜から発生する悪性の腫瘍(癌)です。胃がんは、統計上、日本のがん罹患者の中でいちばん多い癌です。しかし、胃がんは癌の種類の中でも治癒率が高く、早期の胃がんであれば、現在の医療技術でほとんど治ります。


【胃がんの早期がんと進行がんの定義】


胃がんの早期がんと進行がんの定義ですが、胃の粘膜の下層まで腫瘍が止まっているものは、早期の胃がんです。胃の筋層(固有筋層)よりも深く浸潤してしまっているものは、進行胃がんです。


[胃の粘膜は5層に分けられる]


胃の粘膜は、細かく分けると5層に分けられます。
以下、胃の内側から順に、

  • 1層目 : 粘膜
  • 2層目 : 粘膜下層
  • 3層目 : 筋層(固有筋層)
  • 4層目 : 漿膜下層
  • 5層目 : 漿膜

…となっています。


胃がんの早期がんの場合は、2層目の「粘膜下層」で、癌の浸潤が止まっている状態です。


胃がんが進行している場合は、3層目よりの深く浸潤している状態です。


【胃がんの原因】


胃がんの原因はさまざまで、普段の食生活や生活習慣、タバコの喫煙、お酒の飲酒、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)、ストレス、…などが関係していると言われています。


【胃がん症状】


胃がん症状の症状について、初期症状と進行している場合の症状を以下にまとめてみました。


胃がんの初期症状

  • 胃に不快感や圧迫感を感じる。
  • 胸やけや胸のもたれを感じる。
  • ゲップが良く出る。
  • 吐き気を催す。
  • 食欲がない。(食欲不振)
  • 黒い便が出る。
  • 血のついた便が出る。(血便)
  • 体重が減少する。
  • 貧血を起こす。
  • みぞおち(胸の中央辺りの少しへこんだ部分)に痛みを感じる。

胃がん症状の初期症状は、胃炎や胃潰瘍などと似ており、胃がんであるとはっきりと分かり難いです。そのため、上記の症状が続くようでしたら、病院で診察を受けた方が良いでしょう。


胃がんが進行している場合の症状

  • ノドに食べ物がつかえたり、通らない。
  • 体重がどんどん減少してくる。
  • 腹部を触ると、しこりを感じる。
  • 動悸や息切れを良く起こす。
  • めまいを良く起こす。
  • よく貧血を起こす。
  • よく黒い便が出る。
  • よく血のついた便が出る。(血便)

胃がんが進行している場合は、あきらかに、身体に異変が現れています。このような症状が出ている場合は、すぐに病院に行き、治療を受けましょう。


【胃がんのリクス要因】


どのような人が胃がんになりやすいのか? ── 胃がんのリスク要因について、以下にまとめてみました。

  • タバコを良く吸う人。
  • お酒を良く飲む人。
  • 塩辛い味付け(塩分の高い食事)が好きな人。
  • 食事の時間が不規則な人。
  • 食べるのが早い人。(早食いの人)
  • ストレスを良く感じる人。(ストレスが溜まり易い人)
  • 寝不足の人。(睡眠不足)
  • 不規則な生活をしている人。
  • ヘリコバクター・ピロリ菌に感染している人。
  • 運動不足の人。
  • 高齢の人。

上記の項目に心当たりがある方は、胃がんになってしまう可能性が高いと言えますので、気をつけましょう。胃がんは早期発見でほとんど治る癌のため、定期的ながん検診を受けることをおすすめします。






【胃がんの予防方法と再発防止方法】


胃がんの予防方法と胃がんの再発防止方法について、以下にまとめてみました。

  • タバコを控える。
  • お酒を控える。
  • 塩辛い味付け(塩分の高い食事)を控える。
  • 食事の時間を規則正しくする。
  • ゆっくりとよく噛んで食べる。
  • 趣味などで、ストレスを適度に発散する。
  • 睡眠を十分とる。
  • 規則正しい生活をする。
  • ヘリコバクター・ピロリ菌に感染しないようにする。
  • 適度に運動を行う。

胃がんの予防方法の1つとして、「塩辛い味付け(塩分の高い食事)を控える。」とありますが、塩分の高い食べ物としては、ラーメン、加工食品、魚の練り物、練りウニ、魚の干物、イカの塩辛、塩コンブ、漬物、みそ汁、…などがあります。塩分の高い食事はなるべく減らして、野菜中心の食事にすると胃がん予防や成人病予防になり、健康的です。調査結果からも、野菜中心の食生活の人は、胃がんの発生率が低いことが分かっています。


【胃がん治療に役立つサイト】


胃がん治療に役立つ情報を紹介しているサイトの記事リンクを紹介します。どの記事も胃がんの治療や知識に役立つものばかりですので、おすすめです。


胃がん治療に役立つサイト:

胃がん手術の名医と胃がん治療で評判のいい病院
胃がん手術や胃がん治療の名医がいる病院一覧 その1
知っておきたい「胃癌(いがん)」の危険因子と予防方法
胃癌(胃がん) について詳しく
胃がん 知っておきたいこと。
胃癌(いがん)の治療費用や手術費用の相場
胃がん手術や治療 東京都内で評判の良い病院を調べてみました。
胃がん手術や治療 大阪府内で評判の良い病院を調べてみました。
胃がん手術や治療 愛知県内で評判の良い病院を調べてみました。
胃がん手術や治療 埼玉県内で評判の良い病院を調べてみました。
胃がん手術や治療 神奈川県内で評判の良い病院を調べてみました。

【胃がん手術で胃を摘出した場合の影響】


胃がんの治療のために手術で胃の一部、または、全部を摘出した場合、いくつかの影響が出ます。その影響は、まず、食事をした後に、嘔吐や下痢、腹痛、悪心、めまい、…などを起こしたり、感じたりします。もう1つは、胃を全部摘出した場合に起こりやすい症状で、胃液が食道に逆流してしまい、食道に炎症を起こしてしまうことがあります。これは、「逆流性食道炎」と呼ばれています。胃液自体、強い塩酸を含んでいるために炎症が起きてしまうのです。その他には、胃の切除により、胃で十分な栄養やビタミン、ミネラル、カルシウムが吸収できなくなっているため、無胃性貧血や悪性貧血、骨代謝障害を起こしやすくなったりします。










 | sitemap

サイト内関連記事一覧(関連があると思われる記事を自動抽出しています。)
    None Found

カテゴリー:「 がん予防と再発予防に関する情報 」の最新記事一覧(最新5件を表示)

サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について