子宮がん予防と子宮がんの再発防止に役立つ知識



子宮がんの予防方法と、子宮がんの再発防止に役立つ知識や医療情報を以下にまとめてみました。


【子宮がんの予防について】


子宮がんは、現在の医療技術では早期発見できれば、ほぼ完治する病気となっていますが、やはり、普段から子宮がんの予防を行っていると安心です。子宮がんの再発防止についても同様です。では、子宮がんを予防するにはどのようなことを行えば良いのでしょうか? それにはまず、子宮がんについて知ることから始めましょう。


【子宮がんのタイプは2種類】


子宮がんと言っても、子宮のどの場所に癌ができるのかで、2つに分けられています。子宮の入り口付近にできる癌が、「子宮頸がん」で、子宮の体部(子宮の本体)にできる癌が、「子宮体がん」です。子宮がん罹患者の割合でいうと、約8割が、子宮頸がんの方です。それぞれ、がんができる場所が異なっているだけでなく、子宮がんができる原因も異なっています。


子宮がんのタイプは2種類
子宮頸がん

子宮の入り口付近にできる癌です。
比較的、若い女性(20~30歳代)に多いです。
子宮体がん

子宮の体部にできる癌です。
比較的、閉経後の高齢者の女性(50~60歳代)に多いです。


【子宮頸がんの原因】


子宮頸がんになってしまう原因は、ほぼ解明されていて、ウイルス感染が原因で、子宮頸がんが引き起こされます。このウイルスの名称は、HPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)です。HPVの英表記は、「Human Papilloma Virus」。子宮頸がん罹患者の約9割以上から、HPVが検出されています。HPV自体は、ごくありふれたウイルスで、女性の約8割は、一生涯の内にHPVに感染すると言われています。しかし、ほとんどの女性は、感染しても、子宮頸がんは発症せず、自身の免疫機能により、HPVを消滅させています。


【子宮体がんの原因】


子宮体がんになってしまう原因ですが、はっきりとは解明されていませんが、女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因と考えられています。また、女性ホルモンのエストロゲンも大きく関係していると考えられています。子宮体がんが閉経後の女性に多くみられるのも、閉経後は、子宮の卵巣から、エストロゲンの分泌が停止しているためだと考えられています。逆に肥満の女性で、高脂肪の食事ばかりを摂取していると、エストロゲン大量に分泌されてしまいます。このことから、女性ホルモンのバランス崩れが子宮体がんが発症する主な原因と言えそうです。子宮体がんになりやすい女性の傾向としては、閉経後の女性、肥満の女性、糖尿病の女性、生理不順の女性、排卵障害のある(排卵障害のあった)女性、妊娠や出産経験のない女性、高血圧の女性、何かの病気の治療などでホルモン薬を使用している女性などです。


子宮体がんになりやすい女性の傾向

  • 女性ホルモン分泌のバランスが崩れている女性
  • 閉経している女性
  • 肥満の女性(太っている女性)
  • 糖尿病の女性
  • 生理不順の女性
  • 排卵障害のある(排卵障害のあった)女性
  • 妊娠や出産経験のない女性
  • 高血圧の女性
  • 何かの病気の治療などでホルモン薬を使用している女性

【子宮がんになっても子供は産める?】


もし、子宮がんになってしまった場合でも、初期の状態で発見でき、適切な治療を受ければ、妊娠することも、出産することもできます。ただし、子宮がんがある程度進行していて、子宮全摘出の手術を行う場合は、妊娠することも、出産することもできなくなってしまいます。






【子宮がんの予防方法、子宮がんの再発防止方法】


子宮がんの予防方法や子宮がんの再発防止方法で効果的なのは、「定期的に子宮がん検診を受ける。」、「子宮頸がんの予防ワクチンを受ける。」の2つです。子宮がんは、早期で発見されれば、ほぼ治る癌です。そのため、定期的な子宮がん検診と予防ワクチンを受けることは非常に有効です。子宮頸がんの細胞検診は、痛みなどはありませんので、へんに怖がる必要もありません。


効果的な予防方法はこの2つ

  • 定期的に子宮がん検診を受ける。
  • 子宮頸がんの予防ワクチンを受ける。

そして、全ての癌予防に言えますが、癌になりにくい生活を心がけることです。それは、規則正しい生活、緑黄色野菜中心のバランスのとれた食生活、適度な運動、タバコは吸わない、お酒は嗜む程度、ストレスを溜め込まない、…などです。


【子宮がん検診は何度も受けないと駄目?】


1回目(1度目)の検診で、異常が無かったとしても、その後に、HPVに感染し、子宮がんになってしまうことも考えられるため、子宮がん検診は年に1~2回受けるのが望ましいと言われています。子宮がんは早期発見、早期治療で治る癌ですので、定期的な検診は大切と言えます。


【子宮がん治療に役立つサイト】


最後に、子宮がん治療に役立つ情報を紹介しているサイトの記事リンクを紹介します。


子宮がん治療に役立つサイト:

もし、癌になってしまったらどうしたら良いのか?
知っておきたい「子宮癌(しきゅうがん)」の危険因子と予防方法
子宮癌(しきゅうがん)の治療費用や手術費用の相場
癌の新薬や最新治療の臨床試験(治験)を受けるにはどうしたら良いのか?










 | sitemap

サイト内関連記事一覧(関連があると思われる記事を自動抽出しています。)
    None Found

カテゴリー:「 がん予防と再発予防に関する情報 」の最新記事一覧(最新5件を表示)

サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について